社歴

1858年
(安政5年)
創業
1898年
(明治31年)
黒澤合名会社設立
社員 黒澤鷹次郎(銀行)  黒澤羽三郎(呉服太物卸業)
黒澤嘉四蔵(酒造業) 黒澤陸之助(味噌醤油醸造業)
黒澤弥八郎(薬品卸業)
屋号を丸登と定め(日が登るという意味で㋣と称す)
五家が日の出の勢いで発展するよう命名
1904年
(明治37年)
黒澤恒太郎 日露戦争従軍 203高地の攻略に従軍
1919年
(大正8年)
佐久鉄道開通
1921年
(大正10年)
大正蔵完成(現調合蔵)
1925年
(大正14年)
東信電気穂積発電所完成
黒澤精米所 水利補償により30馬力の電力を受け電力による精米を開始する。→ 補償 昭和20年終戦により契約解除
1926年
(大正15年)
第2号井戸 さく井 23尺(7m
1927年
(昭和 2年)
黒澤合名会社 社屋 黒澤会館竣工
1943年
(昭和18年)
黒澤太郎 太平洋戦争に招集
満州、沖縄、台湾と転戦 昭和20年終戦後帰国
1947年
(昭和22年)
奥村土牛 黒澤合名会社離れに疎開
1949年
〈昭和24年〉
11月15日 法人 黒澤酒造株式会社設立
代表取締役社長 黒澤太郎就任
1956年
(昭和31年)
穂積村と畑八村合併 八千穂村となる
1957年
(昭和32年)
四方の友 黒澤酒造 橘倉商店 伴野酒造 武重本家酒造の4社にて共同壜詰 共同出荷を開始
岡村商店手印
販売先 (株)岡村商店 群馬県高崎市問屋町
昭和40年代  最高1500石を販売する
黒澤太郎 長野県酒造組合長に就任  昭和41年迄
1959
(昭和34年)
8月14日 台風7号襲来 ボイラー煙突倒壊 コンクリート煙突に
1959年
(昭和34年)
10月1日 国鉄佐久穂積駅を八千穂駅に改名
1963年
(昭和38年)
第3号井戸 さく井 50m  第2号井戸廃止
1965年
(昭和40年)
昭和蔵新築落成
1967年
(昭和42年)
黒澤一雄(5代目)入社
1969年
(昭和44年)
(株)国分商店(提携し清酒〔雪国〕の製造販売を開始する
初期取引先 大阪支店 名古屋支店 焼津支店 札幌支店
1970年
(昭和45年)
四方の友名醸株式会社 精米工場を伴野酒造敷地内に建設
昭和46酒造年度より精米開始 初年度精米16,959俵
1971年
(昭和46年)
黒澤太郎社長 藍綬褒章を受章
1972年
(昭和47年)
岡村合名会社と集約製造契約並びに委託瓶詰め契約を提携す
銘柄 泉末広 観音桜
1979年
(昭和54年)
資材庫兼車庫新築
1980年
(昭和55年)
黒澤太郎社長 勲5等双光旭日章 叙勲
1984年
(昭和59年)
松尾神社勧請50年記念式典
佐久酒造協会 タイムカプセル神社前に埋設
1988年
(昭和63年)
厚生施設 黒澤山荘 建設  八千穂高原別荘地内
1990年
(平成2年)
奥村土牛記念美術館開館(黒澤合名会社社屋利用)
黒澤酒造 酒の資料館 民族資料館 開設
1992年
(平成4年)
全国新酒鑑評会 金賞授賞
清涼飲料水製造業免許取得 甘酒 発売開始
アメリカ合衆国向け輸出開始
1993年
(平成5年)
敷地内に精米工場新設 精米機導入 初年度3000俵搗精
三号倉庫改装 ギャラリーくろさわ 開設
第1回酒蔵コンサート開催 「三つの音コンサート」
1995年
(平成7年)
ミネラルウオーター 八千穂の湧水 発売開始
第2回酒蔵公演開催 岩崎加根子(俳優座)一人芝居『桜の花の満開の下』
1997年
(平成9年)
12月  黒澤太郎社長逝去 黒澤一雄(5代)社長に就任
全国新酒鑑評会 金賞受賞
1998年(平成10年) ギャラリー喫茶 くろさわ 開業
1999年
(平成11年)
社屋屋根瓦全面葺き替え
2000年
(平成12年)
全国新酒鑑評会 金賞受賞
白樺樹液の開発 発売(八千穂商工会理事役員共同開発)
焼酎製造免許申請 本格焼酎 井筒盛発売開始(仮免許)
2001年
(平成13年)
黒澤孝夫(6代目)入社
黒澤洋平入社 独立行政法人酒類総合研究所にて2年間研修
第1回 「10月1日日本酒の日酒蔵開放」
2002年
(平成14年)
第4号井戸 さく井 80m
八千穂美醸会発足
2003年
(平成15年)
焼酎乙類製造免許取得
2005年
(平成17年)
漬物製造免許取得 しろうり みょうが 粕漬け発売開始
酒類小売免許取得 平成17年11月30日付け 交付
八千穂村と佐久町 町村合併し佐久穂町となる
2006年
(平成18年)
屋外300石タンク14本塗装替、精米工場外壁張替
2007年
(平成19年)
焼酎免許緩和許可交付される 蕎麦焼酎及び菊芋焼酎
佐久穂町産原料使用に限る
*酛室冷蔵庫を新設
2008年
(平成20年)
全国新酒鑑評会 金賞授賞
創業150周年 創立60周年記念牧水 歌碑 建立
「白玉の 歯にしみとおる秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり」牧水
2009年
(平成21年)
国分株式会社 手印清酒「雪国」発売40周年
鮒養殖米使用純米酒「ふなの郷」新発売 名称公募
中澤礎杜氏 退任し顧問に就任 黒澤洋平 杜氏就任
11月15日 会社設立60周年
2010年
(平成22年)
ボイラー2基入れ替え(ジョンソンボイラー1.5t×2基)
薮田式圧搾機改修
松尾神社勧請75周年記念式典 佐久酒造組合 タイムカプセル埋設
2011年
(平成23年)
桑の実苗植え付け(リキュール用)80本
リキュール製造免許取得* 関東信越国税局清酒鑑評会 優秀賞受賞 純米酒の部
2012年
(平成24年)
町民キッチン「デリ蔵」オープン「ギャラリー喫茶くろさわ」貸与2/2-3/31
全国新酒鑑評会 金賞受賞
5月11日 国分株式会社 創立300周年記念式典(於)帝国ホテルインターナショナルワインチャレンジ
純米大吟醸・純米吟醸の部 金賞/佐久穂トロフィー受賞
富山鉄工所NJW-6型洗瓶機導入
2013年
(平成25年)
4月12日 猩々の図(河鍋暁斉作 屏風1双国立能楽堂に貸出す)
富山鉄工所製 パストライザー導入
長野県農事試験場開発試験品種の酒米試験栽培*イタリア カバニーノ製ラベラー導入関東信越国税局清酒鑑評会 優秀賞受賞 純米酒の部
11月15日 役員改選   代表取締役会長 黒澤一雄
6代目代表取締役社長 黒澤孝夫
2014年
(平成26年)
八千穂高原スキー場 清酒雪中貯蔵
3月  リキュール製造免許取得(本免許)* 4月  酒蔵開放  入場者約300名/氷雪貯蔵酒発売開始* 東御市 永井農場・白倉ファームと酒米の契約栽培開始
2015年  限定流通酒生酛黒澤 ラベル全面リニューアル
麹室全面改装ハクヨー床用製麹機・五段式製麹機導入
安曇野松川村 丸山農場と酒米の契約栽培開始
りんごやSUDAとプルーンとリンゴのリキュール開発
2016年
(平成28年)
 八千穂高原スキー場 清酒雪中貯蔵
戸塚酒造:浅間山/大澤酒造:蓼科山で氷雪貯蔵対決
しなのき書房『信州の醗酵食』に掲載* SAKU13の3rd Season醸造を担当 軽井沢G7国交省会議乾杯酒
精米石抜・冷凍庫・光選別・甘酒タンク・充填機導入
2017年
(平成29年)
 自社田面積1.5町歩を超える 信交酒545号(山恵錦)作付
金紋錦 東御(信州ファーム)・松川(丸山農産)で契約* 造蔵に米こうじ枯らし室を増設 アントンパール社アルコライザー導入

日本酒の日酒蔵開放を小海線まつりと共催

2018年
(平成30年)
創業160周年
4月28日 中部横断道八千穂高原ICまで延伸 記念走り初め
松原湖畔に氷室として使用されていた洞窟を借り貯蔵を開始
大雪渓酒造とブレンド企画『蔵縁(くらえにし)』発売
2019年 佐久SAKE Aging研究会発足県営余地・古谷ダムにて貯蔵試験開始
国分グループ 手印清酒「雪国」発売50周年
原料処理場改装および原料処理ライン入替
スピリッツ免許取得 樽熟成+白樺樹液スピリッツ発売
屋外300石タンク12基売却
2020年 瓶詰工場簡易クリーンブース化
新型コロナウイルス蔓延による影響を大いに受ける
消毒用に転用可能なスピリッツ白樺の里77発売
白樺GIN発売
販促品蚤の市を開催 売上321,059円を佐久穂町に寄付
ZOOMを利用した合同会社あうたびとオンラインツアーを創造
県内3社とウェビナー開催
2021年 農と言える酒蔵の会入会
冷蔵倉庫竣工

受賞歴

全国新酒鑑評会 金賞
1992 1998 2000 2008 2012
入賞
2010 2013 2015 2019 2021
関東信越酒類鑑評会優秀賞 吟醸の部
2001 2006 2012 2020
純米の部
2011 2013 2019 2020
長野県清酒品評会 吟醸の部 2015
純米吟醸の部
IWC GOLD 2012 生酛純米吟醸  ※Sakuho Junmaiginjo Torphy
2019 純米大吟醸
2020 生酛純米大吟醸
IWC SILVER 2009 生酛純米
2017 純米吟醸生酛
2019 生酛純米吟醸
IWC BRONZE 2007 生酛純米
2008 生酛純米・純米大吟醸
2012 純米大吟醸
2013 純米生酛・純米吟醸
2015 特別純米生酛
2017 純大大吟醸
2019 生酛純米
2020 生酛純米吟醸・純米大吟醸・生酛純米13
2021 純米大吟醸・生酛純米・大吟醸
KURA MASTER GOLD 2021 生酛純米大吟醸・生酛純米吟醸・生酛純米
燗酒コンテスト 金賞 2019 プレミアム燗酒 生酛純米吟醸
2020 お値打ち熱燗 特別本醸
PAGE TOP